メイン画像

ビオトープ「シーオ(SEEO)」

index

ビオトープ「シーオ(SEEO)」とは
ビオトープ「シーオ(SEEO)」のポリシー
ビオトープ「シーオ(SEEO)」のイベント
2019年度までのビオトープのイベント記録

ビオトープをもっと詳しく
ビオトープ「シーオ(SEEO)」の情報

 

ビオトープ「シーオ(SEEO)」とは

ビオトープとは「野生の生きものの住む場所」という意味です。元々はドイツ語で、「bio=生命、生きもの」と「tope=空間、場所」という言葉を組み合わせて生まれました。
日本では、自然環境を再生した場所などを意味することが多いですが、元々は、元から自然がある場所もビオトープに該当します。

桜環境センターのビオトープは「シーオ(SEEO)」といいます。「SEEO(シーオ)」はSakura<桜>、Environment<環境>、Ecosystem<生態系>、Observation<観察>の頭文字。2021年にさいたま市民のみなさんに公募し、応募されたものの中から決定しました。

その様子は、こちらからご覧ください。

ビオトープの愛称、決定しました!

ビオトープ愛称募集、表彰式をしました!

 

 

ビオトープ「シーオ(SEEO)」のポリシー

桜環境センターのビオトープ「シーオ(SEEO)」は、原則として、生きものの持ち込みを禁止しています。昆虫も、野鳥も、ほ乳類も、草も木も、環境を整えることで、生きものが周辺からここに移りすむことで、ビオトープの生態系は年を追うごとに豊かになっています。

なぜ、生きものの持ち込みは禁止なの?

昆虫などを観察するために捕獲することはできますが、持ち帰ることはできません。観察後に必ず放してください。

 

 

ビオトープ「シーオ(SEEO)」でのイベント【シーオそだて隊】

ビオトープ「シーオ(SEEO)」では、月1~2回のペースで【シーオそだて隊】というイベントを開催しています。

詳細は、以下のページをご覧下さい。

【シーオそだて隊(旧:ビオトープそだて隊)】

 

 

このほかにも、桜環境センターでは、3Rや環境全般について、さまざまな環境啓発のプログラムやイベントを行っています。

イベントについては、以下のページをご覧ください。

■■イベント情報

 

 

ビオトープのイベント記録

ビオトープでの2019年度までのイベントについては、こちらからご覧いただけます。

過去のイベント|ビオトープ

 

 

 

ビオトープをもっと詳しく

ビオトープについて、もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

<内容>

■ビオトープの構成としかけ

■ビオトープの管理

■田んぼのつくり方

■ビオトープのお仕事紹介

ビオトープの構成としかけ、管理、田んぼのつくり方、お仕事紹介

 

 

ビオトープ「シーオ(SEEO)」の情報

ビオトープの生きものやイベントに関する情報は、以下で発信しています。

さいたま市桜環境センター・環境啓発施設:公式facebook

さいたま市桜環境センター・環境啓発施設:公式Instagram

さいたま市桜環境センター:環境啓発施設(公式HP)

さいたま市桜環境センター:イベント情報(公式HP)

さいたま市桜環境センター:新着情報(公式HP)