メイン画像

新着情報

【イベント報告】2021年10月24日(日)開催「ビオトープそだて隊」

2021年10月24日(日)13:30~14:30、さいたま市桜環境センター・ビオトープにて、ビオトープの豊かな環境をともに守り、育てるイベント「ビオトープそだて隊~セイタカアワダチソウを抜いちゃおう!~」を実施しました。その様子をご報告します。

 

みなさんの身の回りにもあるセイタカアワダチソウ。これは、晩秋には多くの種を飛ばし、生えた場所からじわじわと、周りをセイタカアワダチソウだらけにしてしまう、厄介な外来植物です。そんな厄介なセイタカアワダチソウを抜き取り、桜環境センター・ビオトープをより豊かな場所に育てる担い手になろう!と募集した、今回のビオトープそだて隊。当日は7組20名もの皆さんが集まり、中には10月3日に続いて参加してくれた方の姿もありました。

 

「その1本が来年の10本を抜いたことになるかも!?」と声掛けしながら進んだ作業。「あっちにありました!」「こっちでこんなのを抜きましたよ」とビオトープ&多目的広場のあちこちから、セイタカアワダチソウを抜いてくださった皆さん。10月3日の作業もあり、目に見える場所のセイタカアワダチソウはほぼ抜き取り完了です。
作業の真の成果が出るのは、来年の今頃。楽しみにお待ちください。

そして、同時にやった生きもの調査は、大人も子どもも大活躍!
「カエルを見つけた!これ、何のカエル!?」「トンボだ!絶対捕まえる!!」と、ビオトープスタッフも顔負けなくらい、元気に生きものを追いかける子どもたち。
そして賑やかなみんなにちょっと遠慮するように、「トンボを捕まえました」と、シオカラトンボを捕まえた大人の方も。

あっという間に時間が過ぎ、今回は17種もの生きものを確認しました。捕まえた生きものはすべてビオトープの「生きもの調査表」に記録し、2021年度のモニタリングデータとして活用します。
参加した皆さん、本当にお疲れさまでした。またお会いできるのを楽しみにしています。

 

2021年10月3日(日)に出現した生きもの

[トンボの仲間]

アキアカネ、シオカラトンボ、アオイトトンボ
※ヤゴ(幼虫)で確認したトンボの仲間
ウスバキトンボ、ギンヤンマ

[チョウの仲間]

キタキチョウ、モンシロチョウ、ベニシジミ、ヒメアカタテハ

[バッタ・コオロギの仲間]

ショウリョウバッタ、タンボコオロギ、オンブバッタ

 

[カエルの仲間]

トウキョウダルマガエル、ニホンアマガエル

[その他]

オオカマキリ、アカシマサシガメ、ウリハムシ(※)
※当日に判定しかねていたハムシはウリハムシでした!

 

次回について

次のビオトープそだて隊は2021年11月14日(日)13:30~14:30です。
作業は、「ヤナギでリース作り」を予定しています。
詳しくはこちら↓
https://sakura-kc.saitama.jp/kankyo/event/post_id=2496

他の樹木に比べ、成長が早いシダレヤナギ。他の樹木に日を当てて成長を促す等の理由から、毎年、秋に剪定します。
その枝を使い、リースの土台を作ります。
もちろん、お持ち帰りOKなので、おうちに帰って飾りつけをすれば、世界に1つのクリスマスリースを作ることもできちゃいます。
予約不要、当日受付、途中退場もOKの気軽なイベントです。みなさま、ぜひご参加ください。