メイン画像

新着情報

【イベント報告】今年はWebで! エコで備える防災展2021

毎年9月に開催している、桜環境センターの防災展。今年は、新型コロナウイルスのまん延防止と緊急事態宣言発令中のため、オンラインで開催しました。

 

オンライン開催ということで、オンライン上にたくさんある防災情報と同じにならないよう、桜環境センターのあるさいたま市桜区のリアルな防災情報や、ごみ処理施設としてお願いしたいとこと、知ってほしいことを中心にした内容です。

 

内容は、

*古くなった防災グッズの捨て方

*防災士さんからのアドバイス

*被災者 社会福祉法人邑元会しびらきの場合(スライドショーで紹介)

 

それぞれの詳細は以下の通りです。

 

*古くなった防災グッズの捨て方
– 消火器、防災ブザー、ホイッスル、ランタン、車のガラスを割る器具、カートリッジ式ボンベなど、古くなった防災グッズの捨て方を紹介。
– 災害時に発生する大量のごみの捨て方を紹介。

 

*防災士さんからのアドバイス
– 桜区の防災士・向山幸雄さんと森茂雄さんに、桜区の防災について避難のタイミング、持ち物、備蓄品などについてインタビューを行い、Q&A方式で紹介。

 

*被災者 社会福祉法人邑元会しびらきの場合
– 台風19号に被災し、新型コロナウイルス感染症のクラスターが発生した際にどんなことが起こり、どう対応したのか。実際に被災した「しびらき」さんの事例をスライドショーで紹介。

 

 

災害はいつ起こるかわかりません。普段から考えておくことは大切、ということで、9/30まで公開予定だった本イベントは、引き続き公開しています。ぜひご活用ください。

 

こちらからご覧いただけます。

今年はWebで! エコで備える防災展2021