メイン画像

イベント情報

【1月20日開催】体験型環境学習プログラム「プロジェクトワイルド」一般指導者養成講座

投稿日:2018.10.12

DSC01025 
日時:2019年1月20日(日) 9:00~17:00
集合場所:さいたま市桜環境センター 1階・さくらラボ 、ビオトープ、多目的広場
主催:さいたま市桜環境センター・環境啓発施設(担当:認定NPO法人生態工房)
対象:18歳以上
参加定員:5名(先着順)
参加費:7,300円(テキスト代、保険料込み)
講師:安部邦昭 (認定NPO法人生態工房理事長、プロジェクトワイルド・ファシリテーター)
お申し込み・お問い合わせ:氏名、年齢、連絡先をご記入の上、
Tel:048-710-5345  sakura@eco-works.gr.jp
申し込み〆切:1月10日(木)
服装:屋外を歩くことができる服装(天候によっては足元が悪くなります)。
   筆記用具、タオル・飲み物など暑さ対策

<プロジェクトワイルドとは?>
 プロジェクトワイルドは、特に野生生物に重点を置いた体験型の環境学習プログラムです。米国で一般に普及している3つの環境学習プログラムの一つで、小学生から中学生までを対象とした数十のアクティビティから構成されます。
  あらゆる年齢層の学習者の気づき、知識、技能の向上を促し、野生生物とその生物が依存する環境に関して十分な情報を得た上での決定を下せる力を育て、責任 ある行動と建設的な行動ができる能力を身につけさせることを目標としています。体験学習法に基づく気づきや発見、子ども達が夢中になる楽しさがあるととも に、科学的な知識や観察力、思考を養うプログラムとして注目されています。
 日本では一般財団法人公園財団が窓口となり、1999年から教員や地 域で活動する団体スタッフ向けに全国で指導者養成講習会が開かれており、これまでに21,000名以上のエデュケーター(一般指導者)と、540名以上の ファシリテーター(上級指導者)が誕生しています。これらの指導者により、学校の授業イベント地域活動企業研修など様々な場面でプログラムが実施されています。
http://www.projectwild.jp/

<プロジェクトワイルドの魅力>
プロジェクトワイルドのアクティビティを体験した方からは「とにかく楽しく生きもののことを知ることができた」「楽しいアクティビティが、実は自然環境のし くみを知ることにつながっていて驚いた」「各アクティビティがさまざまな教科や単元に整理されており、学校の学習にも使いやすい」「体験だけで終了せず、 発展学習につなげることができた」といった感想が聞かれます。

<今回の講習内容>
講習は、室内での座学のほか、屋外でもいくつかのアクティビティを実際に体験する予定です。
今回の講習を受講すると、本編・水辺編エデュケーター(一般指導者)資格(公園財団発行)を取得、プログラムを指導者として実施できるようになります。

DSC01033

DSC01026 DSC01028 植水小総合学習2 こうぬま