メイン画像

新着情報

【イベント報告】くらしのエコで防災展 「いつもできれば そのとき、役立つ」

投稿日:2019.10.03

9月の防災月間に合わせ、9月6日(金)~9月29日(日)まで【くらしのエコで防災展】を開催しました。

 

毎年ご紹介している、新聞紙や段ボール、ゴミ袋など身近なもので作れる「エコな避難生活グッズ」の作り方のご紹介や、防災情報などの展示に加え、9月23日(月・祝)には、起震車体験など防災イベントも開催しました。

 

期間中、約600名の皆さんがお越しくださり、特にイベントは200名ほどの皆さんがご参加くださいました。

イベントは【起震車に乗って地震を体験しよう】【3歳からできるミニ応急手当体験】【東京ガスのマイコンメーター復旧体験】だったのですが、それぞれのイベントについて、感想をいただきましたのでご紹介します。

 

【起震車に乗って地震を体験しよう】

・震度7だとあんなに皿が落ちるんだ!と驚きました。
・実際になったらやっぱりパニックになると思う。準備が大切だと思った。
・いざという時落ち着いて行動できると感じた。
・体験はとても良いと思いましたが、地震に備えてどのような対策をすればよいのか知りたかったです。

 

【3歳からできるミニ応急手当体験】

・AEDと胸骨圧迫は何回かしたことがあったけど、時間がたつと忘れてしまっていたのでよかったです。
・AEDは初めて使ったので勉強になった。
・心臓マッサージは初めてでしたが、続けることがとても大変だと思いました。
・他人にやるにはハードルが高いと思っていたけれど、今回で自信がつきました。
・赤ちゃんの手当ては学んだことがなかったので、勉強になりました。

 

【東京ガスのマイコンメーター復旧体験】

・災害時には周りの人にも伝え、助け合いたいと思いました。

 

どのイベントも大変ご好評をいただいたのですが、特に、桜環境センターでは初めて開催した【3歳からできるミニ応急手当体験】は、小さいお子さんも体験してくださり、ご家族そろって防災意識を強くしてくださったようでした。

 

最近の豪雨被害、台風被害などをみても、大きな災害がいつどこで起こるかわからない状況です。少しでも、皆さんのお役に立てたとすれば幸いです。今後も桜環境センターでは、環境啓発施設らしく「エコな防災」を中心にご紹介する防災展を開催していきたいと思います。